Pieropanピエロパン

OVERVIEW概要

所在地ヴェネト州ソアーヴェ/トレニャーゴ
醸造家Dario Pieropan
栽培責任者Andrea Pieropan
URLhttp://www.pieropan.it

ヴェネト州ヴェローナ市の東に位置するソアーヴェは同名の白ワインの生産で世界的に有名な町。町の北東部分にソアーヴェクラッシコ地区が広がっており、その中心部にピエロパン家が所有地を持ったのはイタリア国家統一の前年、1860年のことでした。2018年に急逝したレオニルド・ピエロパン氏の祖々父にあたるレオニルド・シニアがこの地に本格的にワイナリーを設立し、またデザートワインとして高い評価を得ている“レチョート・ディ・ソアーヴェ”を造り出しました。レオニルドの天才的といえる醸造技術と数々の優れたアイデアもってピエロパン社のワインは群を抜く品質で評価を得ていますが、レオニルド亡きあとは息子のアンドレアとダリオが受け継ぎ今日ではピエロパン社のソアーヴェは群を抜く品質を持って高い評価を世界中で得るに至っています。

VILLA CIPOLLA【ヴィッラ・チポッラ】
ヴァルポリチェッラを象徴するワインを手がける事はピエロパンにとって夢であり新たな挑戦でした。ソアーヴェと隣接していながら全く違った独自の土壌を持つヴァルポリチェッラのテロワールで、ピエロパンの経験を生かして最高の赤ワイン、ピエロパンの特徴であるリッチでしっかりしたストラクチャーを持ちつつ、洗練された上品なワインを作りたいという願いから誕生しました。1999年に畑を購入。畑はガルゾン山の海抜500mの斜面に位置しそこはこれまで一度も植物が栽培されたことのない土地であったため作業は非常に困難を伴うものでした。大きな岩が地中深くにあり、ブドウを植えるためには、その一つ一つを掘り起し、粉砕し耕すといった行程をレオニルドは自らの手で何年間も続けました。土壌は赤ワイン用ブドウ栽培に最も適した石灰質と粘土質。完璧な南向きの畑にはコルヴィーナ、コルヴィノーネ、ロンディネッラとクロアティーナ・ヴェロネーゼを植えています。トレニャーゴ村にあったヴィッラ・チポッラと呼ばれる古い屋敷を購入し、醸造所として改装、地下にはまったく自然の力を利用した低温のセラー庫も完備しています。